社会人基礎力とは

社会人基礎力とは、経済産業省が2006年から提唱しているものです。「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として定義されています。

若手社員に対して以下のような悩みはありませんか

・入社2~3年目社員の離職率を下げたい。
・若手社員にリーダーシップを身につけてほしい。
・指示を待つだけでなく自分で考え、行動してほしい。
・新しいことにチャレンジする意欲が低い。
・自発的に勉強し、成長してほしい。

現代の若手社員教育専門としている私たちなら、その悩みを解決できます。